プチ・クロワッサン

ミセスが、毎日の中で見たこと、聞いたことのプチ・ニュースです。

ダイエット

トム・クルーズがメタボ対策でダイエット成功!

ブログネタ
いま人気の&気になる・・・ダイエット法 に参加中!
あのトムクルーズも46歳となり、メタボが少し気になっていたようです。確かにたまに写真を見ると、お腹周りなど少しぽっちゃりしているような感じもあり、年齢的にメタボ対策が必要になったんですね。

そこで、親友のデビッド・ベッカムがトムクルーズのダイエット・アドバイザーとなり、減量作戦を開始して、なんと4.5キロ減量に成功したとか!もともとが、「いかにもメタボ」ではないので、4.5キロ減らすのも大変なことですよね。

ヤフーニュースの記事によると、「最近ゴシップ誌などで中年太りの写真が掲載されてしまったが、これに危機感を覚えたのは29歳の奥様、ケイティ・ホームズ。デイリー・メール紙によると、ケイティはベッカムに直々にお願いして、ダイエットとエクササイズ計画を立ててもらったとか。関係者は「トムはこのところずいぶん太っちゃったけど、自分ではそれに気づいていなかったんだ。若い奥さんもいるし、体型を直したいと考えたみたいだね」とのこと。

ダイエット作戦はケイティがブロードウェイの舞台稽古でロスを離れるとともに始まり、ベッカムと共に自宅のジムで着々と体型直しを行った。ベッカムがトムに勧めたダイエット食は、野菜をたっぷり取り、肉はチキンや魚のグリルを中心にすること、そしてサラダやフルーツを取ることで、一日1200キロカロリーという、成人男性の標準のおよそ6割のカロリー摂取を厳守すること。妻のケイティも、ビクトリア・ベッカムにならってロー・カロリー・ダイエットを成功させ、トムはその激やせぶりに心配したこともあったが、ベッカムのダイエット計画によって自ら4.5キロの減量を成功させ、とても喜んでいるそうだ。」

1日1200カロリーに抑えるのは相当大変です!!

最近知ったのですが、菓子パンのメロンパンってカロリーが高くて400カロリーぐらいあるんですよ。メロンパンだったら、3個食べてお終い!っていうカロリーです、1200カロリーは。

ニュースにはなっていないけれど、ベッカムがついているならメタボ解消の運動ももちろんしたと思われます。でもやっぱり、食べ過ぎないこと、これも大切なんでしょうか、ダイエットは。。。

ダイエットのための食品選び

ブログネタ
ダイエットをはじめる に参加中!
ダイエットをするには毎日の食品選びが重要。今のダイエットは、本来の意味とは違って、やせる、痩身目的に行うものと思っている人が増えていますね。

本来ダイエットは、規則正しくて栄養バランスの良い食事を摂るのが基本なのですが、プチ断食したり、ある決まった食べ物しか食べない極端なダイエット方法を選ぶ人がいるようです。

健康への関心も高いのですが、減量して痩せることだけに重点を置くダイエットをして間違えることも多くなっています。本当は、ウォーキングダイエットなどのように、ちゃんと運動をしながら食品にも気を使うのが理想です。今こそ、ダイエットの知識をしっかり学んで、安心できるものを食べる事が大切です。

ダイエット食品は、その原材料と配合成分を厳しく確かめましょう。ダイエットといっても、理想的な体型や体重などは個人によって違い、目的に合わせてダイエット食品を選ぶことが高い効果を期待できます。

ダイエット食品を考えるとまずカロリーが気になります。ダイエットにはローカロリーに越したことはないのですが、身体の脂肪燃焼をさせるには、たんぱく質も大切な働きがあるので、カロリーだけきにしてたんぱく質などを摂らないと効果的に痩せる事はできないこともあります。

ダイエット食品をメインの食事にするなら、食べ応えがあるか、腹持ちはいいかも大切です。ダイエットに良くても、食べてすぐ空腹感を感じてはストレスが溜まってしまいます。

[PR] tonomi jetty park

メタボを解消するなら、ウォーキングダイエット運動!

ブログネタ
メタボリックシンドローム に参加中!
メタボ検診が4月から始まりましたが、メタボ検診によって検査される項目の多くは、運動によってその値を改善できます。

つまり、メタボリックシンドロームの予防や治療には運動が有効なんですね。
だから、メタボ解消の運動を習慣付けてみてはいかがでしょう?

メタボ検診によって判定されるメタボリックシンドロームは、内臓脂肪を減らすことで予防できます。

内臓脂肪は、皮下脂肪と比較しても落としやすいようで、また運動によって落とすのが最も効果的だそうです。

どんな運動が内臓脂肪を落とすのに、いいのでしょう?

お腹を引きしめるために、よく腹筋運動をしますよね。
ダイエットやメタボ防止のために腹筋をしている人も多いのではないでしょうか。
でも実際には、あまり効率的とはいえないのです。

腹筋はあくまでも腹筋を鍛える運動で、脂肪を落とすためのものではありません。
もちろんやっていればそれなりに効果がありますが、内臓脂肪を落とすためなら、もっと有効な運動があるんですね。

その、メタボ予防に有効な運動は、有酸素運動の継続です。

激しい運動を10分するよりも、たとえばウォーキングを1時間した方が効率が良いのです。
ウォーキングダイエットだと効果的に痩せられるといいますが、リバウンドも少なくいい方法です。

時間は掛かりますが、健康状態を保つだけでなく、精神的にもリラックスできてとてもいいダイエットです。他の有酸素運動と比べて、年齢、場所を問わずできるのもメリットですね。

メタボを解消する運動として、毎朝の通勤通学でひと駅分のウォーキングダイエットを行えば、結構効果があるはずです。