プチ・クロワッサン

ミセスが、毎日の中で見たこと、聞いたことのプチ・ニュースです。

映画・ドラマ

映画鑑賞のチケットなら、オンラインで前売りを!

どらえもん、この夏のヒット映画ですが、知人の子どもたちと見に行きました。
映画館はきっと混んでいるだろうな、と思っていたら、
ネットでチケットを購入できることを友人が教えてくれ、さっそく実行。
映画館の窓口に並んで買う必要がなく、とっても助かりました。

方法は、とっても簡単。まず映画館のサイトにアクセスします。
そして、無料の会員登録をします。で、カードで買えちゃいます。
どこもがそうとは限らないかもしれませんが、東宝系の映画館は、大丈夫。
だから、「どらえもん」も、「思い出のマーニー」もネットでチケットが買えます。

当日の午前にネットで買って、午後見に行くなんてこともできます。
並んでいる人の脇を、並ばずにすっと映画館に入れるって、
ちょっと優越感!でも、本当に子連れなんかだと助かりますね。

それから、今の映画館は、昔と違ってそんなに広くないので、
なるべく後ろに座ったほうが、見るのにラクだな〜と思っています。
個人的には、少なくとも前から10列目以降がいいなと思います。
一番後ろでも、いいかも。あと、可能なら出口に近いサイドが便利ですね。

ところで、どらえもんですが、
大人が見てもおもしろい、という宣伝コピーのように、大人も見られます。
でも真ん中あたりは、結婚したい願望の話しが長くて、
少子化対策の一環?とか、結婚はいいよと子どもに刷り込みたいの?とか
思ってしまいました。まぁ、幼稚園の頃から、○○ちゃんと結婚するの!なんて
あまり意味もわからず言うのが子どもたちだから、
そこを捉えただけのストーリーかもしれませんね。
真ん中の部分はあまりおもしろくなかったですが、
「友情」という意味で、最後、少しほろっとしました。

ジャックバウワー(キーファーサザーランド)の「24」が、また連続オンエア!

ブログネタ
大好き「24-TWENTY FOUR-」 に参加中!
「24」シーズン6が、いよいよ夜中、連続で始まりました!
ジャックバウワー(キーファーサザーランド)の超人的な活躍。
相変わらず、テンポのいい展開です!1日24時間をきっちりと
追っていくのですが、これまた信じられないくらいのスピードで
ストーリーが進んでいくのです!

この「24」シーズン6のあらすじは、前作のシーズン5最後に
中国人に拉致されてから2年後から始まります。
あちこちで自爆テロが発生して、困り果てているアメリカ政府。
そこに、テロ首謀者のアサドの情報を教えるという申し出が。
交換条件は、何とジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)。

意味ある死なら構わない。と、アメリカに戻ってくる
ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)。
そして、テロに対抗してアメリカを救うために戦う、というのが、
おおまかな、あらすじです。

キーファーサザーランドって、子役だった頃、
あの映画「スタンバイミー」でワルの少年を演じていたんですね。
この間、知って驚きました。

キーファー・サザーランドも今度のシーズン6では、
「24」の製作総指揮に参加しています。世界的人気のテレビドラマで
それぐらい、ますます熱が入っているそうです。

この24のシーズン7は、この夏、お台場で
第1回目が上映されるはずだったのが中止になってしまいましたね。
「24」の監督が言うには、シーズン7からはまた違った展開だそうです。

次々に新しいドラマ作りをする「24」もすごいけど、
それを、連続放送してしまうフジテレビにも、脱帽です!
ああ、また寝不足の日々が。。。。

アンジェラアキの「続・拝啓 十五の君へ」

ブログネタ
NHK に参加中!
アンジェラアキの「続・拝啓 十五の君へ」のドキュメンタリードラマが、先日ありましたね。アンジェラ・アキさんの作詞作曲の「手紙〜 拝啓 十五の君へ」が課題曲となった合唱コンクールが10月に行われるのですが、それにまつわるドラマです。

「手紙〜 拝啓 十五の君へ」は、アンジェラアキさんの最新曲で、ナイーブな15歳の頃の気持ちを歌った曲。10代の少年少女でなくても感激する曲です。合唱コンクールに出るためにその曲を練習する中学生の子たちとアンジェラアキさんの交流を描いたのが、「続・拝啓 十五の君へ」だったのですが、曲とおなじくらい良かったですよ。

アンジェラアキさんの30歳のお誕生日に、お母さんが、アンジェラさんが15歳のときに書いた手紙を送ってくれたそうで、それを時が経って自分で読んでみて、その頃の自分へのメッセージを歌にしたのが、「手紙〜 拝啓 十五の君へ」だそうです。アンジェラさんもいろいろ悩んでいて、だからこそ、多くの悩めるティーンに共感される曲ができたんですね。

「手紙〜 拝啓 十五の君へ」に出てくる中学生の中には、未来の自分に手紙を書いてみて、それがとても力になって、たった数ヶ月で自分のことをしっかり見つめ、前向きにいろいろなことを考えるようになった人もいました。アンジェラさんは、未来の自分に宛てた手紙を書くことに意味があると、コンサート会場でも来てくれた人に手紙を書くようにすすめます。アンジェラさんのHPにも、たくさんの手紙が届いているようです。

ちょっとしたムーブメントを起こした、この新曲「手紙〜 拝啓 十五の君へ」。つい最近シングルでリリースされたばかりです。10月にはNHKでまた、合唱コンクールがあり、オンエアされると思うので、ぜひ一度このアンジェラアキさんの「手紙〜 拝啓 十五の君へ」を聞いてみてください!