プチ・クロワッサン

ミセスが、毎日の中で見たこと、聞いたことのプチ・ニュースです。

仕事

統計検定の資格と、難易度

統計検定という資格があるんですね。
今や、ネットに情報があふれている時代。膨大な量のデータが日々生み出されています。

そんな「ビッグデータ」といわれるものを、ちゃんと統計して、分析して役に立つようにする能力が必要なわけで、その統計に関する知識や活用力を評価する資格が「統計検定」だそうです。

データの分析は、何にでも役立ちます。
大きい企業にはだいたいマーケティング部というのがあり、そこでは、商品を作ったり売ったりする際の戦略を立てていますが、戦略ひとつ立てるにも、データの読み方がしっかりしていないと正しい戦略が立てられません。

また学者だったら、調査研究をしても、それをどう読み取るかで分析結果が違ってきます。今の時代には、必須の能力ですね。

統計検定の資格には、1級(大学専門分野)、2級(大学基礎科目)、3級(データの分析)、4級(資料の活用)があり、さらに、統計調査士(統計調査実務に関する基本的知識)、専門統計調査士(統計調査全般にかかわる高度な専門的知識)、そして、国際資格(英国王立統計学会との共同認定)もあります。

1級は、もちろん分野別になっていて、「人文科学」,「社会科学」,「理工学」,「医薬生物学」の4分野があります。統計というとやはり数字を使うことが多いので、関数などのレベルの数学には馴れておいたほうがいいようですね。計算自体は、試験に電卓を使用してもいいので心配することはありません。

難易度は、まだ新しい資格なので何とも言えませんが、2級で合格率が41.3%、3級で63.5%、統計調査士で58.4%、専門統計調査士で79.8%となっています。

受験して合格した人で、優秀な成績だった人には賞状を贈っているようですが、公開されている成績優秀者には、総務省の人や大学院生などが多くいます。やはりそれなりに優秀な人でないと合格は難しいのかもしれません。

経済評論家の勝間和代さんは、自分は公認会計士の資格を持っているが、今は人気がありすぎて資格保有者も多くニーズより多くなっている。もし今何か資格を取るんだったら、統計検定などの資格を取るかもしれないし、統計学も本気で勉強するだろう、と述べています。

資格を取るなら、時代を見据えることも大事ですね。
尚、統計学の参考本については、こちらの記事もどうぞ。
            >> 統計学とは?初心者向けの、概要が分かる本

  

リクナビがビッグサイトで企業説明会!

ブログネタ
就職・転職・派遣・パート・アルバイト に参加中!
リクナビなどが、ビッグサイトで企業説明会や就職セミナーをよく開いていますが、
この週末2月7日・8日にも、リクナビ主催の就活イベントが行われます。

就職活動にはかかせないリクナビのセミナーイベント。リクナビは毎回テーマを決めているのですが、今回は、「テクニックで就活は“攻略”できない!自分の答えに出会える就活イベント!」ということです。いろいろな角度から、企業を見られるような仕掛けがたくさんあるリクナビのイベントになっているようです。

また企業セミナーでは、いろいろな業界の注目企業や有名企業が講演を行います。就職したい会社の業界のことや、仕事、採用したいと思っている人物像などがこのプレゼンテーションできっとわかります。就職試験を受けてみたい会社を、診断するつもりで聞いてみてもいいでしょう。

多くの企業が参加しますが、リクナビが就職にいい注目企業としているのは、三菱電機、武田薬品工業、ダイナム、クリエイティブソリューション(日立グループ)、岡三証券。そのほかにも、ANA(全日本空輸)、サントリー、商船三井、東レ、三菱電機、武田薬品工業、タケダMR、ロッテ、パナソニック、日清食品などなどたくさんの大企業が参加しての就職説明会になります。

リクナビ・ビッグサイトの企業ブースを訪問して採用のことを聞いたり、企業セミナーに参加してもらった「クーポン」は、無料フードと交換できたり、プレゼント抽選に参加することができるそうなので、気軽にビッグサイトに出かけてみてもいいですね。

2010年就職に向けての就活は、もう始まっています。いい就職活動をするためにも、今からリクナビでスタートを切りましょう!

オバマ大統領のスピーチCDで英語の勉強!

オバマ大統領のスピーチCDが人気のようです。44代アメリカ大統領に就任したオバマ大統領は、そのスピーチがとても力強く共感を呼ぶと人気ですが、英語の勉強に役立てたい人、仕事でプレゼンテーションに役立てたい人が、スピーチが収録されたCDを買っているようですね。

アメリカでスピーチの英語が有名なのは、キング牧師。私には夢がある、で始まるそのスピーチは、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。他にもいろいろ有名な英語の演説はありますが、英語ってとても音楽のような響のある言語です。文章にしても、きれいな韻を踏むととても美しく、オバマ大統領のスピーチも、韻はもちろん、言葉も選びに選んであって大変聞きごたえがあります。

スピーチの断片的なものは、インターネットでもYOU TUBEなどがあって聞くことができますし、また原稿もオバマ氏の公式サイトを見れば載っているようです。

でもやっぱり解説がついてるCDは、英語の勉強には最適かなと思ったりしますね。それにYOUTUBEでは、いつか消えてしまうかもしれないけれど、CDだったらより安心。オバマ大統領のスピーチのCDをipodに入れたり、通勤の車でずっと聞いたりしている人もいるようですね。

歴史的な出来事でもあるオバマ大統領の就任式は、もしかしたらDVDなんかになって売られるかもしれませんね。英語を教えたり、最新の英語を勉強したい人には、このオバマ大統領のスピーチCDはかけがえのないものかもしれません。