プチ・クロワッサン

ミセスが、毎日の中で見たこと、聞いたことのプチ・ニュースです。

スキルアップ・社会経済

統計学とは?初心者向けの、概要が分かる本

ブログネタ
☆気になる本☆ に参加中!
「統計学」が新しい資格・学問としてもてはやされていますが、分かるようで分からないのが「統計学」。だからでしょうか、「統計学が最強の武器である」という本が25万部のヒットです。

「統計学」とは、「税理士」とか「会計士」などのように
それがあれば確実に仕事ができるという資格ではありません。
でも、いろいろな仕事でデータ解析が必要になる今の時代には、
統計学をかじっていれば、人が出したデータを見分ける能力にもつながります。

この「統計学が最強の武器である」は、資格の勉強のための本ではありませんが、
統計学の概要が分かって、面白いし、一般的社会現象などをテーマに
書かれているので読みやすい
です。著者の西内啓氏は、東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野助教、大学病院医療情報ネットワーク研究センター副センター長などを経た、統計家でコンサルタントです。

    アマゾンで購入するなら >> 統計学が最強の学問である
    楽天で購入するなら >> 統計学が最強の学問である

ビッグデータの時代、データの解析ができることはとても必要なことです。
ただ十分でないデータや、都合のいいデータを集めて解析しても
それは、本当に社会に還元できる良い判断にはつながりません。

著者は、本の中で、「あえて統計学は最強の武器である」と書いていますが、
危うい点もあることを知っての上での断言だと読み取るほうがいいようです。

もし統計学に似たようなことで、本当に最強の資格を取るなら、
アクチュアリーという資格もあります
。日本ではまだあまり知られていませんが、
保険会社や金融会社で非常に役に立ち、「予測されるリスクなどを統計的にひき出し、
保険や金融商品を設計する」というような仕事です。

イギリスにあるCareerCastという団体が、毎年「その年の最高の仕事」というのを
出しているそうですが、2013年の、『報酬が良く、就労環境が良くて、ストレスは少ない、
さらに世界的に求人が増えている仕事』のナンバー1として、「アクチュアリー」をあげています。

ちなみに、ベスト5は、1. アクチュアリー、 2. バイオ医療エンジニア
3. ソフトウェアエンジニア、 4. 聴覚診断師、 5. ファイナンシャルプランナー  だそう。

ただこのアクチュアリー、超難易度の高い資格試験で、世界的に人材が不足しているそうです。
だからこそ、この資格があって英語ができれば、もう世界中で仕事に困らないのでしょうね。
でも先に統計学を学ぶのは、この仕事の基礎にもなりそうです。

統計検定の資格と、難易度

統計検定という資格があるんですね。
今や、ネットに情報があふれている時代。膨大な量のデータが日々生み出されています。

そんな「ビッグデータ」といわれるものを、ちゃんと統計して、分析して役に立つようにする能力が必要なわけで、その統計に関する知識や活用力を評価する資格が「統計検定」だそうです。

データの分析は、何にでも役立ちます。
大きい企業にはだいたいマーケティング部というのがあり、そこでは、商品を作ったり売ったりする際の戦略を立てていますが、戦略ひとつ立てるにも、データの読み方がしっかりしていないと正しい戦略が立てられません。

また学者だったら、調査研究をしても、それをどう読み取るかで分析結果が違ってきます。今の時代には、必須の能力ですね。

統計検定の資格には、1級(大学専門分野)、2級(大学基礎科目)、3級(データの分析)、4級(資料の活用)があり、さらに、統計調査士(統計調査実務に関する基本的知識)、専門統計調査士(統計調査全般にかかわる高度な専門的知識)、そして、国際資格(英国王立統計学会との共同認定)もあります。

1級は、もちろん分野別になっていて、「人文科学」,「社会科学」,「理工学」,「医薬生物学」の4分野があります。統計というとやはり数字を使うことが多いので、関数などのレベルの数学には馴れておいたほうがいいようですね。計算自体は、試験に電卓を使用してもいいので心配することはありません。

難易度は、まだ新しい資格なので何とも言えませんが、2級で合格率が41.3%、3級で63.5%、統計調査士で58.4%、専門統計調査士で79.8%となっています。

受験して合格した人で、優秀な成績だった人には賞状を贈っているようですが、公開されている成績優秀者には、総務省の人や大学院生などが多くいます。やはりそれなりに優秀な人でないと合格は難しいのかもしれません。

経済評論家の勝間和代さんは、自分は公認会計士の資格を持っているが、今は人気がありすぎて資格保有者も多くニーズより多くなっている。もし今何か資格を取るんだったら、統計検定などの資格を取るかもしれないし、統計学も本気で勉強するだろう、と述べています。

資格を取るなら、時代を見据えることも大事ですね。
尚、統計学の参考本については、こちらの記事もどうぞ。
            >> 統計学とは?初心者向けの、概要が分かる本

  

法人(中小企業)の海外送金(アメリカ送金)

法人(といっても中小企業ですが)から、アメリカへ送金をしようとして、
なかなか面倒だったので、メモしておきます。

銀行は三菱東京UFJ銀行。
通帳口座からの送金だったのですが、
まず、今、送金には大変厳しくなっているとのことで、仕事の報酬の支払なのですが、
相手からのINVOICE(請求書)を見せてくれと言われました。
最終的には、コピーをしてもいいかと言われ、銀行でも保管するようです。

それから、外国送金依頼書兼告知書に記入します。
ここには、もちろん英語で自分の名前や住所、それから支払の内容
(仕事の内容)を書く必要があるので、英語の苦手な人は
前もって準備しておいたほうがいいですね。
法人の印鑑も必要です。

今回は、円建てで約束をしていたので、円で送ります。
相手の銀行は、JP Morgan Chase Bank N.A.
相手は送金されるのになれているので、口座番号のほかに
ちゃんとRooting No.を教えてくれていました。

銀行ではSWIFT ナンバーとか、ABA ナンバーと言うようですが
これがあると、銀行の支店名とか書かなくても分かる
送金に便利な番号です。送金する人は、必ず相手から
聞いておいたほうがいいです。

送金には手数料がかかりますが、これまた高いんですね。
3種類もありました。
まず、送金という行為にかかるのが、2500円(これは送金額の0.25%だそうですが、
最低金額が2500円となっているので、0.25%がそれに満たない時は
全て2500円となります。

それから銀行の手数料が、3000円、
そして円建てで支払う(相手口座に円で入れる)ので、
円からドルへの変換手数料がかかりません。その、かからない分を
手数料として支払うのです!(なのでドルでの支払だと必要ない)
それが、4000円。

ということで、合計9500円もの手数料をとられてしまいました・・・・。

それに、最初は東京23区内のローカルな三菱東京UFJ支店に行ったら、
海外送金には馴れていないようで、とんちんかん。
送金先の住所を、New York、NY とちゃんと書いたのに
ニューヨークは何州ですか?とか聞かれて、こりゃたまらない、と
少し大きな他の支店に行きました。
でも、そこでも結構待たされたので、海外送金は余裕をもって
銀行にいったほうがいいですよ。

そうそう、法人だと、確認のため会社を調べるようで、
ネットか何かの資料からプリントしたのか
会社概要みたいなもののプリントアウトを持っていました。
担当者が、多分うっかり(?)カウンターに表にして置いたので、
「会社の名前が書いてあるけれど、なんだろう?」と思ってじっと見ていたら、
裏にひっくり返されてしまいましたが・・・。