プチ・クロワッサン

ミセスが、毎日の中で見たこと、聞いたことのプチ・ニュースです。

女性なら、大豆!

ブログネタ
健康マニア に参加中!
女性なら大豆をいつも食べたほうがいい、という調査結果がでました!

「豆腐や納豆、みそなど大豆製品を良く食べる女性は、脳梗塞や心筋梗塞になりにくい」ことが、厚生労働省研究班の大規模追跡調査というのでわかったそうです。

これは高齢の閉経後の女性に特に効果があるとか。男性だとたくさん食べる人も総でない人も、差がなかったようです。大豆といえば、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンを多く含んでいるんですよね。さらにビタミンEも多いそうです。

ビタミンEは「老化防止のビタミン」として有名ですよね。毛細血管の血行を良くし、カラダのすみずみにまで栄養を行き渡らせます。またホルモン分泌や自律神経の働きを整え、新陳代謝をうながしたり、紫外線による細胞の酸化から皮膚を守るので、しわ、しみなどの皮膚の老化を防止するのにもいいんですよ。

そしてビタミンEは、ビタミンCと一緒に摂ると一層の効果があるんですって。だからお味噌汁のような野菜を具にして食べる料理は理想ですね。いちばん良く食べる人たちは、1日に納豆を1パックあるいは豆腐1/3丁ぐらい食べているそうです。1日の量としてはそんなに驚かないけれど、毎日食べるというのがエライですよね。

大豆を良く食べている人は、一緒に野菜も食べているからではないだろうか、というのが今回の考察のひとつなんですが、その通りかもしれません。

でも、大豆ってプリン体が多いらしいです、意外なことに。だから、痛風になったら食べるのを控えないといけません。女性ではあまり痛風ってきかないし、そんなに酒とグルメの日々は過ごしてないから、心配ないですかね〜。



健康マニア - livedoor Blog 共通テーマ

ミシュラン東京、出ましたね〜!

ブログネタ
食べ歩き に参加中!
東京ってとてもおいしいレストランの多い都市。それが、ミシュランの見方ですね。

ついに出たミシュラン東京では、3つ星のついたレストランは8つあったとか。これはパリの10個についで2番目の多さらしいです。そして、2つ星と1つ星をあわせると200ぐらいになり、それは、世界で一番多いんですって!東京って、そんなにおいしいお店が多いんでしょうか?

ロンドンの新聞なんかでは、ミシュランはあてにならない、とこき下ろされているようです。

ミシュランの星には、最近は疑問の声もあるらしいですね。それに、パリのお店なんかでは星を返上して、こういうものさしで測るようなお店になりたくないと言ったところもあるらしいです。たしかに、20人とか30人と言われる人だけで調べたおいしさって、どうなんでしょう。東京の場合だと、フランス人3人、日本人2人で調べたということです。

少し前までは、ヨーロッパの都市だけだったミシュラン。2000年頃だったかにニューヨーク・ミシュランを出し、そして、今年、東京ミシュラン。東京ミシュランを作ろうという企画が立てられたのは、2005年だそうです。

そしてその年、ミシュランのタイヤの売り上げが、とうとうブリジストンに負けてしまった年らしいです。そう、ミシュランは本当はタイヤの企業。戦略的に考えているんですね、やっぱり。

ところで、日本では3つ星などというように「星」と言っていますが、それは日本だけのこと。本家フランスでは、「マカロン」と言っているらしいです。昔ミシュランを作るとき、タイプライターには星などのシルシはなく、お花のようなシルシを使っていて、それがフランス菓子のマカロンに似ているところから、マカロンと言われているんだそうです。何だか、可愛らしいです☆

食べ歩き - livedoor Blog 共通テーマ